心理検査

◻︎うつ病       ◻︎双極性障害
◻︎統合失調症     ◻︎不安障害
◻︎パニック障害    ◻︎アルコール依存症
◻︎発達障害      ◻︎ADHD
◻︎認知症       ◻︎睡眠障害

研究でよく用いられる心理検査はこちら

検 査 名  出 典 参 考


うつ性自己評価尺度:
Zung Self-rating Depression Scale(SDS)
原著:Zung WWK : Zung Self-Rating Depresson scale. Arch Gen Psychiatry 12 : 63-70, 1967
日本語版:島悟,鹿野達男,北村俊則:新しい抑うつ性自己評価尺度について.精神医学. 27. 717-723, 1985

保険点数80点。回答時間約5分。範囲20〜80点。Cutoff=40 (Zung説)

ハミルトンうつ病評価尺度:
Hamilton Rating Scale for Depression(HAM-D / HRSD)
原著 :Hamilton M: A ratin scale for depression. J Neurol Neurosurg Psychiatry 23: 56-62, 1960
日本版:ハミルトンうつ病評価尺度Hamilton Depression Scaleのガイドライン(改訂版). 長崎, 1996

保険点数80点。精神科臨床においてよく使用されている。重症度評価。面接と観察により評価。面接時間は約40分。正常(7以下)、軽症(8~13)、中等度(14~18)、重度(19~22)、最重度(23以上)Kearnsより

Montromery-Asbergうつ病評価尺度: 
Montgomery-Asberg Depression Rating Scale(MADRS)
原著: Asberg M, Montgomery C, Periss C et al : A comprehends psychopathological rating scale. Acta Pcyshiatr Scand 271 (Suppl) : 5-27, 1978
日本語版:上島国利, 樋口輝彦, 田村かおるほか: Montgomery Asberg Depression Rating Scale (MADRS)の日本語版の作成経緯. 臨床精神薬理6 : 341-363, 2003
面接と観察から評価。薬効などの評価で用いられることが多い。面接時間約20分。 正常(12未満)、軽症(12~21)、中等症(22~30)、重症(30以上)
うつ病自己評価尺度:
The Center for Epidemiologic Studies Depression Scale(CES-D)
原著:Radloff, L. S. 1977 The CES-D scales: A self-report depression scale for research in the general population. Applied Psychological Measurement, 1, 385-405.
日本語版:島悟,鹿野達男,北村俊則. 新しい抑うつ性自己評価尺度について.精神医学, 27, 717-723. 1985.
保険点数80点。自記式質問紙。信頼性・妥当性の検証あり。過去1週間の状態について20項目。回答時間約5分. 4つの陽性項目(逆転項目)に回答ミスが多く生じることがある。疫学調査でよく使用される。範囲0〜60点。Cutoff=16
ベックのうつ病評価表:
Beck Depression Inventory(BDI)
原著:Beck AT, Waed CH, Mendelson M et al : An inventory for Measuring depresson. Arch Gen Psychiatry 4 : 561-571, 1961
日本語版:小嶋雅代, 古川壽亮. 日本語版 Beck Depression Inventory-II (BDI-II) の開発. Journal of epidemiology 12(1), 179, 2002-01-01
自記式質問紙。信頼性・妥当性の検証あり。回答時間約5分. 範囲0〜63点。
日本語版自己記入式・簡易抑うつ症状尺度:(QIDS-J)
日本語版:藤澤大介,中川敦夫,田島美幸ほか :日本語版自
己記入式簡易抑うつ尺度(日本語版 QIDS-SR)の開発.
ストレス科学,25(1); 43-52,2010 

精神医学系の気分障害研究でよく使用される

Patient Health Questionnaire(PHQ) 原著:Kroenke K, Spitzer RL. The PHQ-9: A new depression diagnostic and severity measure. Psychiatric Annals 32: 509-515, 2002.
日本語版:(村松公美子,上島国利:プライマリ・ケア診療とうつ病スクリーニング評価ツール;Patient Health Questionnare-9.日本語版「こころとからだの質問票」,診断と治療,97:1465-1473,2009
 
Quick Inventory of Depressive Symptomatology(QIDS) 原著:Rush AJ, Trivedi MH, Ibrahim HM, et.al. The 16-item Quick Inventory of Depressive Symptomatology (QIDS) Clinician Rating (QIDS-C) and Self-Report (QIDS-SR): A psychometric evaluation in patients with chronic major depression. Biological Psychiatry, 54:573-583, 2003.日本語版:藤澤大介, 中川敦夫, 田島美幸ほか:日本語版自己記入式簡易抑うつ尺度(日本語版QIDS-SR)の開発. ストレス科学25(1), 43-52, 2010. 16項目の自己記入式。DSM-Ⅳの大うつ病性障害の診断基準に基づく。正常(0~5)、軽度(6~10)、中等度(11~15)、重度(16~20)、きわめて重(21~27)
うつ病診断調査表:
Inventory to Diagnose Depression(IDD)
日本語版:上原徹,坂戸薫,佐藤哲哉ほか:日本語版 Inventory to Diagnose Depression (IDD) の信頼性と妥当性の検討 -自己記入式調査票による大うつ病の診断ー.精神科治療学 10 : 181-188, 1995 自記式質問紙。信頼性・妥当性の検証あり。回答時間約10分。




Altman Self Rating Mania Scale: ASRM 原著: Altman EG, Hedeker D, Peterson JL et al: The altman self-rating mania scale. Biol Psychiatry 42: 948-955, 1997. Altman EG, Hedeker D, Peterson JL et al: A comparative evaluation of three self-rating scales for acute mania. Biol Psychiatry 50: 468-471, 2001. 躁病の自己式評価尺度。過去1週間の症状。
MADSCI
ヤング躁病評価尺度:
Young Mania Rating Scale (YMRS)
原著: Young RC, Biggs JT, Ziegler VE et al : A rating scale for mania. Br J Psychiatry 133 : 429-435, 1978
日本版:稲田俊也編著, ヤング躁病評価尺度日本語版(YMRS-J)による躁病の臨床評価. じほう, 東京, 2005
面接と観察で評価. 面接時間約20分。範囲0〜60点。



調
陰性症状評価尺度:
Scale for the Assessment of Negative Symptoms(SANS)
原著: Andreason NC : The Scale for the Assessment of Negative Symptoms(SANS). University of Iowa, Iowa City, IA, 1983
日本版:岡崎裕士, 安西信雄, 太田敏男ほか訳:陽性症状評価尺度(SANS). 臨床精神医学13: 999-1010, 1984
面接と観察から評価. 面接時間約30分。PANSSと並んで精神症状評価尺度としてよく使用されている。
陽性症状評価尺度:
Scale for the Assessment of Negative Symptoms(SAPS)
原著: Andreason NC : The Scale for the Assessment of Positive Symptoms(SANS). University of Iowa, Iowa City, IA, 1984
日本語版:岡崎裕士, 北村俊則, 安西信雄ほか訳:陽性症状評価尺度(SAPS). 精神科診断学3:365-377,1992
面接と観察から評価。面接時間約30分。PANSSと並んで精神症状評価尺度としてよく使用されている。
簡易精神症状評価尺度:
Brief Psychiatric rating Scale(BPRS)
原著: overall JE, Gorham DR: The brief psychiatric rating scale. Psychol Rep 10:799-812,1962(初版) overall JE, Gorham DR: The brief psychiatric rating scale: recent developments in ascertainment and scaling. Psychopharmacol Bull 24: 97-99,1988
日本語版:住山孝寛, 北山俊則:BPRS改訂版・下位尺度・信頼性と妥当性. 精神科診断学6: 203-218, 1995
面接と観察から評価。面接時間30分。半構造化面接。信頼性検討あり。
陽性・陰性症状評価尺度:
Positive and Negative Syndrome Scale(PANSS)
原著:Kay SR, Fiszbein A, Opler LA : The positive and negative syndrome scale (PANSS) for schizophrenia. Schizophr Bull 13: 261-276, 1987.
日本語版:Kay SR, Opler LA, Fiszbein A (山田寛, 増井完治, 菊本弘次翻訳) :陽性・陰性症状評価尺度(PANSS)マニュアル.星和書店, 東京, 1991
BPRSの項目はすべて網羅されている。面接と観察で評価。面接時間約30分。施行には、経験があり評価の訓練を受けた者がおこなう。入手困難で、版権はMulti-Health Systems社が所有しており, www.mhs.comから日本語版も申し込み可能.



Anxiety Disorder Interview Schedule for DSM-IV:ADIS-IV (IS) 原著:Di Nardo PA, Brown TA, Barlow DH : Anxiety disorder interview schedule for DSM-IV ; Lifetime version (ADIS-IV). Psychological Corp, San Antonio, Tex, 1994. DSM-IVの診断基準に基づいた不安障害の半構造化面接基準(IS)。
顕在性不安尺度
MAS: Taylor Sale of Manifest Anxiety
原著:Taylor CB, Sheikh J, Agras WT et al : Ambulatory heart rate changes in patients with panic attacks. Am J Psychiatry 142: 478-482, 1986.
日本版:株式会社三京房
保険点数80点。MMPIの中から不安に関係する項目を抽出。STAIの特性不安と類似。
状態−特性不安尺度
State-Trate Anxiety Inventry Form Y:STAI
原著:Spielberger CD, Gorsuch RL, Lushene R et al : Manual for the state-trate anxiety inventory (Form Y). Palo Alto, Mind Garden, CA, 1983.
日本版:株式会社実務教育出版
保険点数80点。状態不安尺度は横断的研究や実験的研究で、特性不安尺度は臨床で用いられることが多い。
ハミルトン不安尺度
Hamilton Anxiety Scale : HAS
原著:Hamilton M: The assessment of anxiety states rating. Brit J Med Psychol 32 : 50-55, 1959.
日本語版:大坪天平,幸田るみ子,高塩理ほか:日本語版Hamilton Anxiety Rating Scale-Interview Guide (HARS-IG)の信頼性・妥当性の検討.臨床精神薬理8: 1579-1593, 2005.
不安症状と重症度の量的評価をおこなう半構造化面接尺度。正常(0~13)、軽症(14~17)、中等症(18~24)、重症(25以上)
臨床不安尺度
Clinical Anxiety Scale : CAS
原著:Snaith RP, Baugh SJ, Clayden AD et al : The clinical anxiety scale. Br J Psychiatry 141: 518-523,1982. 保険点数80点。主に臨床患者の現在の不安状態に焦点を当てた尺度。
Zung自己評価不安尺度
Self-rating scale for anxiety:SAS
原著:Zung WWK : A rating instrument for anxiety disorders. Psychosomatics 12 : 371-379, 1971. 不安障害の症状を量的に測定する尺度。





Panic Disorder Severity Scale:PDSS 原著:Shear MK, Brown TA, Aholomskas DE et al : Panic disorder severity scale (PDSS). Department of psychiatry of Pittsburgh school of medicine, Pittsburgh, PA, 1992.
日本語版: 古川壽亮,神庭重信編:Panic disorder severity scale: 精神科診察診断学−エビデンスからナラティブへ.医学書院,東京,pp300-304, 2003.
すでにパニック障害と診断された患者を対象とした重症度評価尺度。
パニック障害・広場恐怖尺度
Panic and Agoraphobia Scale: PAS
原著:Bandelow B, Hajak G, Holzrichter S et al: Assessing the efficacy of treatment for panic disorder and agoraphobia II, The panic and a agoraphobia scale. Int Clin Psychopharmacol 10: 73-81, 1995.
日本語版:貝谷久宣,吉田栄治,熊野宏昭ほか:Panic and Agoraphobia Scal.日本版(PAS-J)の信頼性および妥当性.臨床精神医学 37: 1053-1064, 2008.
パニック障害と診断された患者の全般的な重症度と変化を評価する尺度。
アルコール依

Alcohol Use Disorders Identification Test(AUDIT) 原著:Babor TF, Fuente DL Jr, Saunders JB et al : AUDIT: The Alcohol Use Disorder Identification Teat: Guidance for Use in Primary Health Care. WHO, 1992
日本語版:廣尚典:WHO/AUDIT(問題飲酒指標/日本語版).千葉テストセンター,2000 
さまざまなレベルの過剰な飲酒の評価尺度。目的に応じてカットオフポイントを変えることができる。スクリーニングテストとしてだけでなく、治療高価の判定指標としても用いられる。 
新久里浜式アルコール症クリーニングテスト:
Kurihama Alcoholism Screening Test(KAST)
男性版(KAST KAST- (KAST KAST-M)
女性版(KAST KAST- (KAST KAST-F)
原著:樋口進:成人の飲酒実態と関連問題の予防に関する研究(平成16年度総括研究報告書、樋口班),pp.1-6,
厚生労働省科学研究費補助金健康科学総合研究事業,厚生労 働省,2005.
日本で最も普及しているアルコール依存のスクリーニングテスト。男性版と女性版がある。



広汎性発達障害自閉症スペクトラム障害評定尺度テキスト改訂版:
Pervasive Developmental Disorders Autism Spectrum Disorders Rating Scale-Text Revision(PARS-TR)

日本語版:
PARS委員会, 広汎性発達障害自閉症スペクトラム障害評定尺度テキスト改訂版(Pervasive Developmental Disorders Autism Spectrum Disorders Rating Scale-Text Revision : PARS-TR). スペクトラム出版社. 東京. 2013.

 
自閉症診断面接尺度改訂版
Autism Diagnostic Interview-Revised: ADI-R

原著:Rutter, M., Le Xounter, A. and Lord, C. : Autism Diagnostic Interview-Revised. Western Psychological Services. Los Angeles, CA, 2003.
日本語版:土屋賢治, 黒田美保, 稲田尚子監修:ADI-R日本語版マニュアル. 金子書房,東京.2012.

ASDの診断補助として使用できるアセスメントツール。ADI診断のゴールドスタンダード。親への半構造化面接。2歳〜成人まで。
自閉症スペクトラム指数
The autism-spectrum quotient(AQ-J)

原著:Baron-Cohen S, Wheelwright S, Skinner R, Martin J, Clubley E. The autism-spectrum quotient (AQ): evidence from Asperger syndrome/high-functioning autism, males and females, scientists and mathematicians. 2001.
日本語版:若林明雄. 自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版についてー自閉症傾向の測定による自閉性障害の診断の妥当性と健常者における個人差の検討. 2003.

50項目の自己記入式質問紙。カットオフ33(Wakabayasgi,2006).
自閉症診断観察尺度第2版
Autism Diagnostic Observation Schedule-2nd ed. : ADOS-2

原著:Lord, C., Rutter, M., DiLavore, P.C. et al. : Autism Diagnostic Observation Schedule, 2nd ed. Western Psychological Services, Los Angeles, CA, 2012.

ASDの診断補助として使用できるアセスメントツール。ADI診断のゴールドスタンダード。半構造化面接。
小児自閉症評定尺度第2版
Childhood Autism Rating Scale-2nd ed. : CARS2

原著:Schopler, E., Van Bourgondien, M.E., Wellman, G.J. et al. : Childhood Autism Rating Scale, 2nd ed. Weatern Psychological Services, Los Angeles, CA, 2010.

旧来のCARSに親記入式質問紙調査を追加したもの。6歳未満用と6歳〜成人用がある。
乳幼児期自閉症チェックリスト修正版
Modified Checklist for Autism in Toddlers : M-CHAT

原著:Robins, D.L., Fein, D., Barton, M.L. et al. : The modified checklist for autism in toddlers : an initial study investigating the early detection of autism and pervasive developmental disorders. J. Autism Dev. Disord., 31 ; 131-144, 2001.
日本語版:Inada, N., Koyama, T., Inokuchi, E. et al. : Reliability and validity of the Japanese version of the Modified Checklist for autism in Toddlers (M-CHAT). Res. Autism Spectrum Disord., 5: 330-336, 2011.

乳幼児期の自閉症スペクトラム障害(ASD)の一次スクリーニングツール。16〜30ヶ月の最も早い時期に使用できる親記入式の質問紙。
対人コミュニケーション質問紙
Social Communication Questionnaire: SCQ
 
原著:Rutter, M., Bailey, A. and Lord, C. : The Social Communicaton Questionnaire. Western Psychological Services. Los Angeles, CA, 2003.
日本語版:黒田美保, 稲田尚子, 内山登紀夫監訳:SCQ日本語版マニュアル. 金子書房, 東京. 2013.
ASDの二次スクリーニング目的で使用される。3歳から成人まで使用可能。
A
D
H
D
ADHD Rating Scale-IV : ADHD-RS-IV 原著:DuPaul, G.J., Power, T.J., Anastopoulos, A.D. et al. : ADHD Rating Scale-IV : Checklists, Norms, and Clinical Interpretation. The Guilford Press, New York, 1998.
日本語版:市川宏伸,田中康雄監修,坂本津訳:診断・対応のためのADHD評価スケールADHD-RS. 明石書店,東京,2008.
ADHDのスクリーニング・診断・治療成績の評価に用いられる評価尺度。
Conners 3 原著:Conners, C.K. : Conners 3rd edition manual. Multi-Health Systems, Ink., Toronto, Ontario, Canada, 2008.
日本語版:田中康雄監訳,坂本津訳:Conners 3 日本語版マニュアル.金子書房,東京,2011.
ADHDと関連性の高い問題を評価するための尺度。保護者、教師、本人用がある。18歳まで対象。
Conner’s Adults ADHD Rating Scale : CAARS 原著:Conners’ C.K., Erhardt, D.E. and Sparrow, E. : Conners’ adult ADHD rating scales (CAARS). Multi-Health Systems, Inc., Trinti, Ontario, Canada, 1999.
日本語版:中村和彦監修,染木史緒,大西将史監訳:CAARSTM 日本語版−自己記入用紙・検査用紙−.金子書房,東京,2012.
18歳以上の成人のADHD症状の重症度評価尺度。
Child Behavior Checklist : CBCL 原著:Achenbach, T.M. and Edelbrock, C.S. : Manyal for the Teacher’s Report Form and Teacher Vision of the Child Behavior Profile. Department of Psychiatry, University of Vermont, Burlington, VT, 1986.
日本語版: 中田洋二郎,上林靖子,井潤知美ほか:幼児の行動チェックリスト(CBCL/2-3)の標準化の試み.小児の精神と神経,39 ; 317-322, 1999.
幼児から思春期までの情緒や行動を包括的に評価する質問紙。
Stregth and Difficulties Questionnaire (SDQ) 原著:Goodman, R. and Scott, S. : Comparing the Strengths and Difficulties Questionnaire and the Child Behavior Checklist : Is small beautiful? J. Abnorm. Child Psychol., 27 ; 17-24, 1999.
日本語版: Matsuishi, T., Nagano, M., Araki, Y. et al. : Scale properties of the Japanese version of the Strengths and Difficulties Questionnaire(SDQ):A study of infant and school children in community samples. Brain Dev., 30; 410-415, 2008.
広汎性発達障害やADHD、行為障害などについての信頼性の高いスクリーニング法。世界 40 か国以上で標準化されている。 



・記憶検査
Mini-Mental State Examination(MMSE)  原著:Folstein MF, Folstein SE, McHugh PR : “Mini-Mental state” :  A practical method for grading the cognitive state of patients for the clinican. J Psychiatr Res 12 : 189-198, 1975
日本語版:森悦朗,三谷洋子,山鳥重ほか:神経疾患患者における日本語版Mini-Mental Stateテストの有用性.神経心理学1 : 82-90, 1985.
世界中で最もよく使用されている簡易認知機能検査。 
 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R) 原著:加藤伸司,長谷川和夫,下垣光ほか:改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の作成.老年精医誌2 : 1339-1347, 1991  日本で最もよく用いられている簡易知能検査。認知症のスクリーニングを目的とする。 
Clinical Dementia Rating(CDR) 原著:Hughes CP, Berg L, Danziger WL et al : A new clinical scale for the staging of dementia. Br J Psychiatry 140 : 566-572, 1982
質問例と測定方法(日本語):本間昭:認知症の評価尺度.浅井昌弘,小島卓也編:臨床精神医学講座1. 中山書店, 東京, 227-309, 1998
世界で最も一般的に用いられている観察式の認知症疾患の重症度評価尺度。
アルツハイマー病アセスメントスケール(Alzheimer’s Disease Assessment Scale-cognitive subscale:ADAS-cog) Mohs RC、Rosen WGらが作成した検査。抗認知症薬による認知機能の変化を評価することを目的に作成され、臨床治験に使われることが多い。また、臨床では認知機能の経時的変化を捉えやすい。記憶を中心とした認知機能障害の重症度評価尺度であり、軽症~重症まで評価できる。①単語再生、②口頭言語能力、③言語の聴覚的理解、④自発後における喚語困難、⑤高等命令に従う、⑥手指および物品呼称、⑦構成行為、⑧観念運動、⑨見当識、⑩単語再認、⑪テスト教示の再生の11項目から構成されている。注意・集中機能を評価する課題はない。合計70点の減点法。失敗があれば得点が高くなり、高得点ほど障害の程度が強くなる。ADとの鑑別のために9/10点のcut off値が報告されている。主観的に判断する評価項目があり、トレーニングを受けた心理職が行うことが望ましい。所要時間は約40分。保険点数450点。



ピッツバーグ睡眠質問票:
Pittsburgh Sleep Quality Index(PSQI)
原著:Buysse DJ, Reynolds III CF, Monk TH et al : The Pittsburgh Sleep Quality Index: a new instrument for psychiatric practice and research. Psychiatry Ress 28 : 193-213, 1989
日本語版:宗澤岳史,Morin CM, 井上雄一ほか:日本語版不眠症重症度質問票の開発.精神治療学 24 : 219-225, 2009
睡眠の質および睡眠障害の評価尺度。精神科臨床に有効。カットオフは5.5点。
エプワース眠気尺度:
Epworth Sleep Scale(ESS)
原著:Johns MW : A new method for measuring daytime sleepiness: The Epworth sleepiness scale. Sleep 14 : 540-545, 1991
日本語版:立花直子:不眠, 過度の眠気.井村裕夫編:わかりやすい内科学第2版.文光堂,東京,1096, 2002
日中の過眠を呈する特異的睡眠障害(ナルコレプシー・睡眠時無呼吸症候群など)の簡易測定スケール。
夜型朝型質問紙:
Morningness and Eveningness Questionnaire(MEQ)
原著:Horne JA, Oestberg O : A self-assessment questionnaire to determine morningness-eveningness in human circadian rhythms. Int J Chronobiol 4 : 97-110, 1976
日本語版:三島和夫,肥田昌子訳:朝型ー夜型質問票自己評価版(MEQ-SA)
朝型夜型という個人のもつ概日リズム特性を評価する質問紙。
 

本記事は編集部の見解によるものであり、責任は負いかねます。本記事に対してご意見ご感想等ありましたら、編集部までお問い合わせください。

→資料室トップへ戻る


ページ上部へ戻る