【東京】学術支援職員(心理実験補助・博士課程大学院生可)、特任研究員(精神医学・脳画像解析学・疫学):東京大学大学院総合文化研究科 小池研究室

東京大学大学院総合文化研究科  学術支援職員
東京大学大学院総合文化研究科  特任研究員

学術支援職員は主に、Tokyo TEEN Cohort 研究プロジェクトの実験補助になります。未経験や博士課程大学院生の方も歓迎ですが、一般募集の研究参加者さんへの対応が主になるため、研究参加者の方とコミュニケーションが取れる必要があります。また、夕方から夜間の計測があり、週1回ほど21時まで勤務できる方を歓迎します。


特任研究員は主に、上記の実験(MRI操作)を担当します。MRI操作は未経験で問題ありませんが、一般的なPC操作(Windows機)がそれなりに慣れている方である必要があります。また研究員なので本業である研究業務のうち、すでに構築したデータより解析、論文化ができることが条件になります。MRI解析である必要は必ずしもありません。


ご興味がある方はご応募をお待ちしております。


関連記事

広告募集!

PSYlaboではPCサイト、スマートフォンへの 広告掲載を承っています。 ぜひとも広告宣伝活動にご活用ください。 詳細はこちらからお問い合わせください。

情報提供

求人、ニュース、学会や研修会のお知らせ、多くの方に見てほしい情報、お問い合わせ等、こちらの情報提供からご連絡ください!

記事投稿の募集

PSYlaboでは、多くの方の意見を反映するため、投稿記事を募集しています。みなさまからのご応募をお待ちしております。詳しくは詳細はこちらからから。
ページ上部へ戻る