【神奈川】横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)

平成28年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)

スケジュールと取り上げる論文:
平成28年
4月10日 転移の力動(1912)
5月8日 精神分析を実践する医師への勧め(1912)
6月12日 トーテムとタブー(1913)
7月10日 治療の開始について(1913)
8月7日 ナルシシズムの導入にむけて(1914)
9月11日 想起すること、反復すること、ワークスルーすること(1914)
10月2日 【特別セミナー】対象関係論にもとづく心理療法の進め方(仮題)
10月9日 転移性恋愛についての観察(1915)
11月13日 欲動と欲動運命(1915)
12月11日 喪とメランコリー(1917)
平成29年
1月8日 ある幼児期神経症の病歴より(1918)
2月12日 精神分析療法の道(1919)
3月12日 不気味なもの(1919)

日時:
毎月 第2日曜日(8月は第1日曜日、10月は第1と2日曜日)
文献講読会:13時00分~14時55分、症例検討会:15時00分~17時00分

会場:
(1)白幡地区センター
〒221-0075 横浜市神奈川区白幡上町44-12(東急東横線 白楽駅から徒歩8分)
(2)男女共同参画センター横浜南
〒232-0006 横浜市南区南太田1-7-20(京浜急行線 南太田駅から徒歩3分)
(会場は上記2ヵ所のいずれかになります。また月によって会場はそれぞれ変更します。)

参加資格:
臨床心理士や医師などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生など

臨床心理士のポイント:
日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請する予定です。

費用(支払い後の返金は応じかねますのでご了承ください。)
(1)通年での参加 一般 22000円(講読会か検討会のどちらかだけ 16000円)
院生(修士) 18000円(講読会か検討会のどちらかだけ 12000円)
(2)単発での参加 一般 3000円(講読会か検討会のどちらかだけ 2300円)
院生(修士) 2400円(講読会か検討会のどちらかだけ 1800円)

申し込み方法:
(1)名前 (2)所属 (3)メールアドレス (4)講読会と検討会のいずれの参加か (5)通年参加か単発参加か (6)臨床心理士資格の有無、の6点を明記して、下記の問い合わせにあるメールアドレスまでご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申し込み確定となります。

問い合わせ・申し込み先:
横浜精神分析研究会事務局 info@yokopsy.com (http://yokopsy.com)
北川清一郎(所属:心理オフィスK、臨床心理士、日本精神分析学会認定心理療法士)

力動的グループスーパーヴィジョンの案内:
毎月1回、第2日曜日の午前中に文献講読と症例検討と同一会場でグループスーパーヴィジョンも行っています。詳しくはhttp://yokopsy.com/index.php/groupsvをご覧ください。

アドバイザー:
岡達治 先生(岡クリニック院長、日本精神分析学会認定精神療法医・認定スーパーヴァイザー)

後援:
心理オフィスK (http://s-office-k.com)

 


関連記事

広告募集!

PSYlaboではPCサイト、スマートフォンへの 広告掲載を承っています。 ぜひとも広告宣伝活動にご活用ください。 詳細はこちらからお問い合わせください。

情報提供

求人、ニュース、学会や研修会のお知らせ、多くの方に見てほしい情報、お問い合わせ等、こちらの情報提供からご連絡ください!

記事投稿の募集

PSYlaboでは、多くの方の意見を反映するため、投稿記事を募集しています。みなさまからのご応募をお待ちしております。詳しくは詳細はこちらからから。
ページ上部へ戻る